「関わる全てを幸せにするスーパー」株式会社福島屋 福島徹会長

過去の出演者



株式会社福島屋 福島徹会長 プロフィール

 

*2018年8月インタビュー時点

 

東京都羽村市出身。大学卒業後、家業の萬屋(よろずや)を継ぎ、酒屋、コンビニを経て34歳のときに現在のスーパーへと事業転換。その後東北の生産者の方から直接米を仕入れるなど、農業との距離を縮め、コラボレーションによる福島屋オリジナル商品を数多く開発。ユニークな経営手法が注目を集め、福島屋には全国から視察者が訪問している。

 

一方で地方自治体などの要請により、農業を中心とした地域おこしの事業にも携わり、2014年1月には六本木に福島屋テイスティングマーケットを出店。地元密着型の小規模スーパーでありながら、折込チラシや安売りなしで年商52億円、創業以来40年間黒字経営、自己資本比率80%と驚くべき実績を上げている。



インタビューの内容を一部ご紹介すると・・・

 

  • 人口5万人の田舎で年間52億円を達成できた秘密
  • チラシと安売りをやめたにも関わらず、お客様が福島屋に通い詰めるわけ
  • 拡大路線で大型店舗を出店後、1週間で赤字確定の大失敗。。。どうやって脱却したのか。
  • 仕入れ時に「農家を叩いて安く買わない」のはなぜか
  • 社員が「関わる全てを幸せにするスーパーを実現する」ために行っている教育方法とは?
  • 数字に対してうるさくするのをなぜやめてしまったのか。そしてなぜ売上が伸び続けるのか。
  • お客様を巻き込んだ商品開発の手法とは?
  • 優れた農家(仕入先)を見つける方法。
  • 高付加価値の商品を仕入れるために福島屋が気をつけていること